引越し 方法

引越し方法はいろいろなパターンがあります。単身、学生、子供連れ、カップルなどいろいろな引越し方法を紹介しています。

新築一戸建ての引越し

新築一戸建てへの引越しは、まだ誰も住んでいないマイホームに傷を付けたら大変ですから、業者側にしてみれば最も気を使う作業となります。

新居の間取りを引越し業者に渡して、入念な打ち合わせをすることが引越しを成功させる秘訣です。
特に次のような点に注意が必要です。

■ていねいに養生してくれるか?
絶対に傷を付けたくない新築の住宅ですが、傷を付けられてしまうかどうかは引越し業者がどのていど養生をしてくれるかにかかっています。
どの業者も、玄関先はクッションシートや毛布で養生しますが、室内の通路や階段の養生については、業者によって対応がまちまちです。
引越しの打ち合わせをする時に、どこをどのように養生するか質問しておきましょう。

■大型家電が階段を通れるか?
2階にキッチンがある家では、冷蔵庫が大きくて階段を通って運べない場合は、クレーンで吊り上げて搬入しなければなりません。
当日中にクレーン車の手配ができなければ後日の作業になる上、追加料金が発生します。
大型家電を2階に運ぶ場合は、階段や踊り場の幅を計って家電持った作業員が通れるか確認しておきましょう。

■クレーン車の作業スペースがあるか?
ピアノの搬入も含めて、1戸建ての引越しでクレーン車を使うことは珍しくありませんが、住宅の前の道路が狭いと家の前にクレーン車が横付けできないので、引越し業者に幅何メートルの道路ならクレーン車が通行できるか確かめておきます。
吊り下げ作業で家具を運び入れるのに十分な大きさの窓があることも必須条件です。

Copyright (C) 引越し方法はいろいろなパターンが!あなたはどのパターン?. All Rights Reserved. |リンク