引越し 方法

引越し方法はいろいろなパターンがあります。単身、学生、子供連れ、カップルなどいろいろな引越し方法を紹介しています。

遠距離の引越し

遠距離の引越しに関する注意点をお伝えします。

■どの引越し業者でも引きうけてくれるとは限らない
中堅や中小の引越し業者は、担当エリアがほぼ決まっていて、その範囲内の引越しを請け負います。
そのため、長距離の引越しで目的地が担当エリア外の場合は、仕事を断られる可能性があります。
大手は全国にネットワークを持っているので、遠距離の引越しでも問題なく担当してくれます。
遠くに引越しをする予定がある人は、大手の引越し業者を中心に見積もりを取ると良いでしょう。
ただし、大手1社から見積もりを取ってその業者と契約すると料金の比較ができません。
ただでさえ高額な費用を払うことになる遠距離の引越しですから、相見積もりを取ると料金の差も大きくなります。
交渉次第で数万円単位の値引きも期待できるので、頑張って複数の会社で訪問見積もりをしてもらいましょう。

■混載便を使うと安上がり
運送業者が引越し荷物をいったん引きとって自社で保管した、同一方面向けの他の荷物と一緒に輸送するのが混載便です。
1台のトラックを借りきらなくて良いので、通常の引越しと比べて大幅に料金が安くなります。
しかし、荷物の到着日を指定できないので、引越し当日に新居にすべての家財道具を揃えたいという人には向いていません。

■長距離輸送のリスクを考えて行動する
高速道路が事故や悪天候で通行止めになれば、引越しのスケジュールにすぐ影響が出ます。
当日中に荷物を受け取ろうと予定していても、トラックが到着しなければどうしようもありません。
万一荷物の到着が遅れた場合に備えて、着替えなど、荷物が当日中に届かなくてもしのげるような体制で引越しに臨みましょう。

Copyright (C) 引越し方法はいろいろなパターンが!あなたはどのパターン?. All Rights Reserved. |リンク