引越し 方法

引越し方法はいろいろなパターンがあります。単身、学生、子供連れ、カップルなどいろいろな引越し方法を紹介しています。

近距離の引越し

近距離の引越しは、安上がりに引越しができるチャンスです。
トラックの輸送距離が短いということは、トラックを使用する時間が短くて済むので、引越し業者にかかる負荷の小さな作業になります。
たとえ荷物の量がある程度多くても、近距離の引越しは業者にとっては喜ばれます。
ただし、午前中に長距離の引越しを終えた後で作業をした方が効率が良いので、「希望日は午前便はすべてふさがっています」と、午後便の利用を勧められることもあります。

近距離の引越しは、もし引越し作業で不都合があってもリカバリーができることです。
トラックに荷物が全部積みきれなくても、新居まで一度荷物を運んで降ろし、空になったトラックで引き返してもう一度積み残した荷物を乗せて新居に行けば、その日のうちに引越しが完了します。
このピストン輸送方式は、積みきれるかどうかギリギリのトラックサイズを選んで引越し費用を節約する場合にも利用できるテクニックです。
もちろん、遠距離の引越しは時間的に無理なのでお勧めできませんが、近場の引越しなあ問題ありません。
どんなトラックを使うか営業マンと打ち合わせをするとき、サイズがギリギリだとしたら「もし積み残しが出たら小さめのトラックで往復してもらえますか?」と確認しておきましょう。

近場の引越しだからレンタカーで済まそうという考えの人がいるかもしれません。
赤帽などの軽貨物運送などを利用すると、場合によってはレンタカー料金より安く引越しできる場合もあります。
はじめにレンタカーありきでなく、大手と中堅業者および軽貨物運送も含めて一通り引越し料金を比較することをお勧めします。

Copyright (C) 引越し方法はいろいろなパターンが!あなたはどのパターン?. All Rights Reserved. |リンク