引越し 方法

引越し方法はいろいろなパターンがあります。単身、学生、子供連れ、カップルなどいろいろな引越し方法を紹介しています。

単身赴任の引越し

大手や中堅の引越し業者の多くは、単身赴任者向けのサービスを提供しています。
単身赴任者向けのパッケージプランの特徴は次の通りです。
・荷物の量やサイズに制限がある
・作業員が少ない
・軽貨物輸送の引越しと違って作業員が積み下ろし作業をしてくれる

通常の引越しより荷物が少ないことを前提としているので、ファミリーの引越し並みに荷物が多い場合は、単身赴任とはいっても、普通の引越しプランを利用しなければ荷物が積みきれません。
たとえば、ヤマトホームコンビニエンスの単身引越サービスは、専用のボックスを利用できる上、中型のダンボールで30箱分に相当する荷物を運ぶことができます。
荷物の積み下ろしや運搬は引越し業者の作業員が行います。
赤帽などの軽貨物運送も単身者の引越し荷物を運ぶのに適していますが、ドライバー一人で作業するので、手伝いが必要になる可能性があります。
引越し作業はプロに任せたい、自分で手伝うのはイヤという人は、一般の引越し業者のプランを選択した方が無難です。

■早めに家具を購入して新居への到着日を指定する
単身赴任で住むことになる住宅は、家具付きなのか何も備わっていないのか?といったことを事前に確認しておく必要があります。
単身赴任の場合は、家族が使っている家具を残していかなければなりませんから、必要な家具は早めに注文しておきましょう。
大型家電や家具の配送は、注文して10日から2週間後になることもあるので、引越しの直前にオーダーすると、しばらく不自由な暮らしを強いられることになります。

Copyright (C) 引越し方法はいろいろなパターンが!あなたはどのパターン?. All Rights Reserved. |リンク